スピリチュアルヒーリング

ヒーリングによって本来の自分を取り戻します!そんなあなたを応援します。



幼年期の影響

スピリチュアルコーチングにおいて、人の体の基本的な形は、受胎してから六歳くらいの間に作られると考えられています。合わせて、六歳くらいまでに考え方の基礎も作られ、ほとんど一生を支配するとも言われているそうです。この時期は心の中にいろいろなものをため込んで、それらが体の器官に影響を与えると考えられているからです。人は、自分を喜ばせたものや不快にさせられたもの、傷つけたものをすべて心に刻んでいます。良くも悪くも、体に大きな影響を与えるのです。特に自身を傷つけたものに関しては、心の奥に抑圧して、その後はなかなか思い出すことをしません。このような心の傷は、人の「エネルギー体」の部分に溜まると考えられています。そして結果として、「物質体(からだ)」にブロックを引き起こしてしまうのです。このブロックは苦痛に満ちているので、心から消去しなければなりません。例えば、ある女性が小さな頃、母親が苦しむ姿を見たとします。この女性は責任を感じてしまい、「すぐに大人になって、母親を助けてあげなくてはならない」と考えます。しかし、すぐに大人になることは物理的に不可能なことです。そのため、実際は幼い少女であっても、普通の子どもと同じような親に守られている安全な状態での幼年期を過ごすことができなくなります。安全な幼年期を過ごすことができなかった、さらに苦しむ母親を見ているために「大人の人生は大変だから大人になるのをやめよう」と決意してしまうのです。心は体に影響を与えます。その女性の体の成長は止まってしまいます。これらはあくまで一例ですが、何かしらの経験が少なからず人の形に影響を与えているのは事実と言えるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です