スピリチュアルヒーリング

ヒーリングによって本来の自分を取り戻します!そんなあなたを応援します。



仕事において3年目は何を意味するのか

スピリチュアルを学んでいない人であっても、入社してから3年経つと、色々なことを考え始めます。3という数字はそれだけ区切りになり易いのです。1年目であれば、とにかく仕事を覚えるのに精一杯で、余計なことを考える余裕もありません。2年目に入るとある程度仕事を覚え、それなりの成績も上げられるようになります。マンネリ化する人もいれば、新しいことにチャレンジする人もいます。スピリチュアル的には「2」という数字は「調和」を意味すると共に、「分裂」という裏の意味も有しています。ですから選択次第で成功することもあれば失敗することもある時期だと言えます。この時期を乗り切ったタイミングで3年目の波が訪れることになるのです。

3年目を経験したことのない人であれば具体的にイメージできないかもしれませんが、一言で言えば2年目でかなり準備しない限りは、目立った成長が見込めない時期に当たります。自分の力量、限界が見てくるために、惰性で仕事に向かうことがストレスになり、人によっては相当の危機を迎えます。最近3年目で退職する人が増えているのも、そうした波を乗り切ることが出来なかったからでしょう。裏を返せば、2年目の段階で3年目の自分を見越して準備しさえすれば、退職という危険を冒さずに済みます。もちろん退職の全てが悪い結果を招くとは限りませんが、何も残せなかった人が退職しても、中々就職先が見つかりません。転職する時は、それなりに準備してからにすべきだと考えるのは、スピリチュアルの世界でも同様なのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です