スピリチュアルヒーリング

ヒーリングによって本来の自分を取り戻します!そんなあなたを応援します。



終わりを受け入れるスピリチュアル

死は、現代文化が暗示しているような、特殊なことでもなければ、人生の中で、もっとも思むべき出来事でもありません。 それどころか、死は、この世の中で、 その対極に位置する誕生と同じく、 もっとも自然な現象であると同時に、誕生と切り離すこともできないのです。死を迎えようとする人の側にいるときには、 この事実を自分自身に言い聞かせましょう。誰かの臨終を看取る、というのは、大いなる特権であり、神聖な行為です。死にゆく人の傍らにいるときには、 その経験のどんな側面も否定してはなりません。
起こっていることも、 その出来事にまつわる感情も否定しないことです。自分はなにもしてあげられないという事実から、無力感におちいったり、あるいは、悲しみや怒りの気持ちに駆り立てられたりするかもしれません。 それでもなお、自分が感じる気持ちを、 ありのままに受け入れるのです。 そのうえで、 さらにその一歩先のステップに進むのです。誰かの死について、自分にはなにもできない、 という事実を受け入れ
るのです。この事実を完全に受け入れてください。わたしたちには、形態の死をコントロールすることはできません。その経験のすべての側面を、心の底から手放すのです。自分の感情はもちろん、死にゆく人が経験しているかもしれない、いかなる痛みも不快感も全部ひっくるめて、手放すのです。あなたの放下の意識と、そこから生まれる静寂は、 死にゆく人を大いに勇気づけ、変容を容易なものにするでしょう。 そのとき言葉が必要だとしたら、 それはあなたの中の静止状態から生まれるはずです。
もっとも、言葉はあくまでも副次的なものに過ぎません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です